牛乳を飲まなくても身長は伸びる!!大事なのは食べて寝ること

スポンサーリンク
LIFE

こんにちは!!Ash(アッシュ)です。

眠い、眠すぎる。なぜこんなに眠いのだろう。

あー眠い。もう眠いがゲシュタルト崩壊している。

家でも眠い。学校の授業も眠い。バイトをしていても眠い。

自分がいつも眠いと思っているのに嫌気がさしますが、良かったこともあります。

今回は睡眠に助けられたお話。多分だけどね(´艸`*)

中学時代3年間で25㎝伸びた

前から5番目。これが中学1年の時の背の順です。ちなみにクラスには男子が20人います。

どうポジティブに考えても小さい部類でした。この時の身長は140㎝台後半。いつも一緒に遊ぶ友達がみんな背が高かったので、よくチビと呼ばれていました。

中学を卒業するときに一人ひとりに自分が中学3年間で何㎝伸びたか教えられました。

僕は3年間で25㎝伸びていたのです。さらにそれは学年で1番だと。

そんな僕の身長は180㎝超え。あこがれていた背の高い部類に仲間入りできたのです。

身長が伸びた理由

よく食べた

成長期といううやつはすごいですね。どれだけ食べてもお腹が空いていました。

サプリメントは全く摂取していませんでした。当時の僕はサプリというものに恐怖心があったので触れもしませんでした。

一つやらなかったことがあるとすれば牛乳を飲まなかったことです。

僕は牛乳が大の苦手で今も飲めません。

なので、牛乳はあまり関係ないかもしれません。

よく運動した

運動部に所属していたので、朝練もしていたし夕方もフツーに部活をしていました。

さらに、部活が終わってからなぜか陸上の練習もしていたので、今考えるとめっちゃ運動してるなって思いました。

運動が身長と直接的な関係があるかは分かりませんが、夜によく眠れることにつながるので良いことだと思います。

よく寝た

なんといっても1番影響が大きかったと思うのがこれですね。

寝る。

これが背が伸びた大きな要因だと思っています。

ただ寝ればいいというわけでもありません。時間帯も大事です。僕は夜10時には寝ていました。

部活動もこのころは比較的マジメにやっていたので、いえに帰ったら寝ることしか頭にありませんでした。

スマホも持っていなかったので、夜更かしする理由もありませんでした。今の子どもたちは小学生でもスマホを持っているらしいので早く寝るのは難しいかもしれません。

やってはダメ?NG行為

中学生になると、運動も活発にするようになると思います。ただ、ここで1つおすすめできないことがあります。

過度な筋トレは絶対にダメ!!

僕の友達は筋トレが大好きでいつも筋トレばかりしていました。気がつけばダンベルを持っていて、今はこの筋肉を鍛えているんだ!と熱心に僕に報告してきました。

その友達がどうなったかというと、筋肉はついて良い身体になっていました。しかし、身長は伸びず、最初は僕よりも入学時は圧倒的に背が高かったのに卒業時は僕のほうが高くなっていました。

じゃあ、筋トレはやってはいけないのか?ということになりますが、そういうわけではありません。

運動をする上である程度の筋肉は必要です。ですので、ダンベルなどの器具を使っての筋トレではなく、腕立てや腹筋、背筋、体幹などの自分の体重、自重での筋トレをおすすめします。

まとめ

今日も1日おやすみなさい。

コメント