読書家になりきれない人間が2022年読み漁った本一覧。小説・ビジネス書・漫画

スポンサーリンク

本屋で手と手が触れ合って恋を始められますか?コミュ障は気まずさで逃げます。

おはようございます。

あっしゅ@oborerublogです。

読書は好きだが、読書家を語るほどの読書量は持ち合わせていない私。

2022年に読んだ本を感想交えつつ、綴っていきます。

ジャンル不問、小説・漫画・ビジネス書。

とにかく読んだら更新します。

2022年読み漁った本一覧

『死物語 上』西尾維新

“儂が見るうぬの有様は、いつでも死に様ばかりじゃ”

デストピア・ヴィルトゥオーゾ・スーサイドマスターに会うため、
故国『アセロラ王国(仮)』を目指す忍野忍と阿良々木暦。
人間社会が異常事態に陥った中、
怪異にのみ感染するウイルスが吸血鬼を死に至らしめていて――?
これぞ現代の怪異 怪異 怪異!

青春は、きみの隣で生きてこそ。

講談社BOOK倶楽部

新規小説。

2022年初読みは西尾維新。

『物語シリーズ モンスターシーズン』の最終章の片割れである今作品。

テーマは伝染病。

シリーズ展開している作品にコロナ禍という社会情勢を組み込むって凄くないですか?

今作までとの矛盾を生み出すリスクがあるはずです。

相変わらずの言葉遊びで楽しませてもらいました。

特に暦と忍の揺るがない関係性を再確認できたのが嬉しいポイント。

物語シリーズはやはり都合の良い結末が無いところが好き。

新型コロナウイルスが蔓延していなかったら、また別の結末があったのだろうか?

そんな想像も膨らむ一冊。

『魔王 JUVENILE REMIX』伊坂幸太郎/大須賀めぐみ 全1~10巻(完結)

圧倒的な存在感を誇る犬養と、謎の自警団「グラスホッパー」。傍観者でいることがベストだと考えてきた安藤だが、彼らとの出会いをきっかけに徐々に闇の世界へとはまり込んでいく…。

小学館eコミックストア

再読漫画。

伊坂幸太郎の『魔王』と『グラスホッパー』の小説2作品が題材になっています。

主人公の安藤(兄)は能力持ちですが、一見すると取るに足らないもの。

しかし、それを駆使し事態に立ち向かっていく展開が前半の見どころです。

随所で殺し屋が出てきますが、ゾッとしながらも引き込まれる魅力を持っています。

キャラが立ちすぎ。

後半はそれぞれの視点が重なっていき、物語は終焉へと向かいます。

この畳みかけが気持ち良すぎるんです。

伊坂さんの作品を知っている方であれば、物語終盤の痛快さが分かるはず。

全10巻というのが手が出しやすくて尚良い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました