[2020年]男子大学生が選ぶ個人的にアツい曲リスト(月別)

スポンサーリンク
LIFE

こんにちは!

Ash(アッシュ)@oborerublogです。

月ごとで個人的に盛り上がった曲を月別で一つづつピックアップしてご紹介します。

敬称につきましては省略させていただきます。

1月:『ANIMAる/春猿火(歌ってみた)』

2020年が始まったにも関わらず、バイトばかりしている僕の荒んだ心を潤してくれたのが春猿火@harusaruhiの歌う『ANIMAる』という曲。

  • 作詞・作曲:梅とら
  • 編曲:Giga
  • イラスト:穂竹藤丸
  • Mix:神作

原曲も非常に良いので聴いてほしい。

バーチャルラップシンガーとして活動する春猿火。カバー曲の投稿はこれで6作目。以前の動画を観てみると、ラップアレンジが加わったカッコいい曲調だと分かる。

だがしかし、この曲に関してはカッコいいよりも可愛いが前面に出ています。それはもう別人だと言わんばかりに。今までとのギャップで第一声を発した時点でやられてしまった人が多数いるでしょう。僕がその一人です。

さらに、曲自体の韻や独特の中毒性も相まって気づくと何度もループしていました。

『ギャップ萌え=春猿火』が成立。

2月:『雨とカプチーノ/戌亥とこ(歌ってみた)』

しっとりとした声が心地いい。テスト期間で苦しんでいた僕を救ったのが『雨とカプチーノ』でした。

歌い上げたのは”いにゅい”などの相性で親しまれる、『にじさんじ』所属の戌亥とこ@inui_toko

主に雑談配信や歌配信などをメインに活動しているVtuberです。

『にじさんじ』には個性的なライバーが数多くいるので、そちらも要チェックしてほしい。

月ノ美兎の生き方に惚れ、『にじさんじ』の沼に溺れています。おすすめライバーも紹介。[Virtual YouTuber]
最近の僕はVTuberと呼ばれるVirtual Youtuber(バーチャルユーチューバー)の存在に魅了されているので、だれかとこの気持ちを共有したい。今、僕がハマってしまっている方たちの魅力を独自の視点でご紹介したいと思います。本当にたくさんの人にこの沼に浸かってほしい。

原曲と比べても勝るとも劣らない歌唱力。

そして、歌声と同時に歌詞にも注目してほしい。

作詞作曲、編曲(Words and Music): n-buna

一度聴いただけでは歌詞の意味を把握しきれない。それくらい曲の奥行きと深さを感じます。

この方の描く歌詞はいつも「丁寧に言葉を紡いでいるな」と感じてしまいます。

歌詞というより言葉といった方が良いのかもしれません。

心が落ち着く。

窓の外を眺めているときに流れてきそうな曲ですよね。

カプチーノ片手に聴いてみて。

まとめ

おすすめの曲があったら是非とも教えてください。

異論は認めます。

最後に

音楽ってヤツは最高だ。

 

最後まで読んでくれてありがとね。Ash(アッシュ)@obrerublogでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました