仮想通貨 BTC(ビットコイン)XRP(リップル)のチャート分析・予想【2019年11月】

スポンサーリンク
money

こんにちは!

Ash(アッシュ)@oborerublogです。

これから仮想通貨は年末に向けて上昇していくと思ってます。

この記事は中期・長期トレーダー向け。

予想・分析する銘柄は

  1. BTC(ビットコイン)
  2. XRP(リップル)
  3. MONA(モナコイン)

この3銘柄に絞ってチャート分析・予想をします。

BTC(ビットコイン)下降トレンド終了確認

年末に向けて上目線!

上昇相場再開とも言える良い展開になってきています。

日足

BTC(ビットコイン)日足11月2019年

bitbankの日足。

10月は一つの答えが出た相場になりました。

  • 4か月間突破できなかったレジスタンスラインをブレイク
  • 200日移動平均線を上抜け

この二つはとても大きな意味を持ちます。

今年の安値と高値をフィボナッチ・リトレースメントで引っ張ると、ぴったりと0.618で10月の安値に当たります。

これらの根拠から下落トレンドの終了と考えています。

ここから見ていくべきポイントは200日移動平均線をサポートラインに変えることができるか?

下に戻っていく展開は低いと考えていますが、下抜けした場合は下落トレンド継続という目線に切り替える必要があります。

上昇に向けて200日移動平均線に注目!

4時間足

BTC(ビットコイン)4時間足

bitbankの4時間足。

エントリーポイントは200日移動平均線に反発して上昇が確認できたとき。ちょうど上のチャートのようなタイミングですね。

平均線を下に割ってもダマしですぐに戻ってくるパターンも考えて、損切りラインは3%幅の960,000円に設定します。

利確は13%幅の直近高値1,120,000円まで狙えるというポイントになります。

損切りラインも明確にあるので、リスク・リワードの良いトレードができるのではないでしょうか?

200日移動平均線にサポートされたタイミングで買い。

XRP(リップル)Swell目前!XLMとの相関も

11月はXRP(リップル)にとって重要な月になりそうです。

これから面白い相場になっていくと良いね。

週足

XRP(リップル)週足11月2019年

bitbankの週足。

10月の大きな変化は何といってもMACDにおけるゴールデンクロス!

これだけでも上昇トレンドの強い根拠です。

5・6月に50円の壁を明確に突破できず下落した要因の一つが分厚い一目雲の存在。

一目雲は分厚いほど簡単には突破できません。

ただ、比較すると11月からの雲はかなり薄くなってきています。すぐにというのは微妙なところですが、長期的に上昇の見込みがないとは思えません。

2017年のバブル前に遡ってみても20円台が底。2019年の高値は53円。

なので30円台をうろついている現在も底値圏といってもいいと感じています。

少し下がったとしても買いを狙っている人が多いと思うのですぐに価格が戻ってくる。そういう相場になっていると思います。

という見方で買いを仕込むのは十分アリです。

底値圏にいる今がチャンス。

4時間足

XRP(リップル)4時間足11月2019年

bitbankの4時間足。

年に一度の祭典『Swell』。非常に関心も期待も高くなっていることでしょう。

個人的には『Swell』が終わって方向感が掴めてからエントリーするのが理想的かなと思っています。

常にポジションを持つことが資産を増やす最短の道ではありません。時には待つという戦略が非常に大切です。

垂直上げがあったとしてもXRPは半値戻し以上の下落を見せてくる通貨。下落を確認して次の上昇に乗るのが得策です。

さらに、コインチェックで11月12日からXLM(ステラ)という通貨が国内ではじめて取引可能になります。

この通貨はXRP(リップル)と非常に相関関係が高いので一つの材料になるんじゃないでしょうか?

すでに底値圏なので、下がってきたところで仕込む。

MONA(モナコイン)

XRP(リップル)が大きく期待感を持たれている一方で、僕はMONA(モナコイン)にもかなり注目しています。

特に今は底を固めている印象を受けます。

週足

MONA(モナコイン)週足11月2019年

bitbankの週足。

ここ最近は目立った動きがなく落ち着いています。現在は一目雲の中で下落トレンドを形成している状況。

ただ、11月下旬には雲のねじれが発生しています。これは上に抜けやすいパターンです。

11月の上旬はXRP(リップル)に注目が集まります。そして、イベントが終わり落ち着いてきたときにMONA(モナコイン)が動き始める。

そんな流れを予想しています。

上旬XRP→下旬MONAという流れ

日足

MONA(モナコイン)4時間足11月2019年

bitbankの4時間足。

10月意識され続けてきた110円を損切りラインとします。今仕込むのは少しリスクが大きいので115円辺りまで下がってきたところで買いのエントリーを入れる戦略が良いと思います。

あるいは、一部を今の価格で仕込む。それからは下がったら少しずつ買い増しするという戦略の方がリスクは少ないです。

価格を上げてきたら損切ラインも上げて上手に利確をしましょう。

仕込めたらガチホでもいいくらい。それほどいい仕込み場が迫ってると考えています。

少し下がってきたら買い。ガチホも全然アリ。

まとめ

楽しい大学生活

全体的に底値圏・調整終了という通貨が多いように感じます。

油断は禁物ですが上昇にうまく乗って資産を増やしていきましょう。

年末に向けてが楽しみです。

11月は上昇の月に!

最後に

Lチキうまいよね。

 

最後まで読んでくれてありがとね。Ash(アッシュ)@oborerublogでした。

 

仮想通貨ならビットバンクで資産を増やすのがおすすめ!

bitbank

コメント

タイトルとURLをコピーしました